みやび通信

好きなゲームについて色々書いていきます。たま~に攻略記事あり。

文章を書くのが下手すぎて絶望

ただの愚痴です。

両親が国語教師で、私自身も本を読むのが好きだったので国語の成績は良いほうでした。

でもずっと何かを語ることに消極的だったこともあって今ブログの下書きをいくつか読み直したのですが絶望感にさいなまれています。

好きなことはすぐにやってみたくなるので絵を描いたり楽器を演奏したり、今でもそうなんですけど、すごく抽象的なことにスキルを全振りしてきたんですよね。

でもゲームとか映画は作ったことはあるんですけど向き不向きがあって、これらはもう全身で受けに行くしかないジャンルだと思ったんです。

音楽を好きな気持ちは自分で演奏することによって完結していたんですけど、自分で参加できないジャンルに関しては自分の言葉で語る以外に繋がりを見出せなくてブログという形でやっているのですが・・・。

f:id:miyabi-game:20180604165520p:plain

なんでこんなに難しいんだろう。

ゲームに関しては色んなタイプの記事を実験的に書いてみたりしているのですが、やはり普通の感想を書くのがいちばん難しいです。

本当はそれしかやりたくないのですが。

 

作品に対する批判とか擁護は超簡単。2つ同時にできますよ。

あと攻略記事もすごく簡単だと思いました。でも攻略はある程度の独自性やリリースするスピードが求められるので長期的に見たらしんどそうです。

攻略系はほとんど仕事としてやっている人が多いので本ブログは積極的に参戦することはないのですが、自分で調べてみて出てこないものはなるべく書いていきたいとは思っています。

 

でも本当に、自分の気持ちを自分の言葉で伝えるのって難しいですよね。

好きなものならなおさら難しい。

でも私が読みたい文章はそういうものだし、書きたいのもそういうものです。

雨宮まみさんが自身のブログで映画『かぐや姫の物語』について書いた文章が本当に素晴らしくて、ステキで。是非読んでみてほしいです。

こういう文章って結局その人の生活や人との接し方とかいろんな要素の結実なんじゃないかと思うんですよ。

人に優しくされたら自分も同じように人に優しくできるはず。

ゲームや映画にもらった感動も何らかの形で返せるはずなんですよ。

良い文章は苦しみながら書かれているというのが自分で書いていて少しわかったような気がします。

今自分が感じているのは「自分はもっとできるはずだ」という根拠のない自信が原因で、こんなもの絶望でも何でもないし、ずいぶん恥ずかしいことを長々と書いてしまってすいませんでした。